だれにも言えない悩みのひとつにまんこのニオイがあります。

彼との付き合いのなかで気づく場合や、自身で気づき事前になんとかしておきたいとお思いのかたもいることでしょう。

まんこのニオイといえば、酸っぱい、アンモニア臭のようなものなど総じてチーズの腐ったような異臭がすると良く形容されます。

本来は、フェロモンとしてだれしもが持つものですが、そのニオイが過剰となると悩みどころです。

お医者さんへの治療が確実なのでしょうけれど、そこまではちょっと・・・というかたに向けて、原因と自宅でできる対策について調べてみました。

まんこがチーズ臭い原因は?

だれしも日常生活をしてれば溜まるのが垢です。

洗い残しなどで溜まった皮脂やゴミが混ざり合い異臭を放つ原因となります。

特に小陰唇の内部は洗い残しが発生しやすい部分のため注意しましょう。

とはいえ過剰に力を入れて洗う必要は無く、時間をかけてゆっくりやさしく広げるように洗ってあげれば大丈夫です。

おりもの

独特な酸っぱいニオイが特徴のおりもの。

そもそもまんこは外部から有害菌が入り込まないよう酸性に保たれています。

そのため、そんなまんこからの分泌物が酸っぱいニオイがするのは当たり前で、むしろ正常な証拠。

ただ、おりものの量が過剰な場合はどうしてもニオイが強くなります。

原因であるホルモンバランスの乱れは、適度な睡眠時間の確保や健康な食生活を心がけることによって改善を図っていきましょう。

過剰なストレスや疲労、体調不良などは膣内の自浄能力を著しく低下させてしまう恐れがあります。

まんこはどうしても蒸れやすい場所。

いつも注意して洗っていても日中など生活するうちに汗をかくのが普通です。

また、通常の汗腺とは違い、皮脂や汗を多く出すアポクリン汗線が多く集中している部位でもあるためニオイの原因となります。

乳酸菌の一種「デーデルライン桿菌」

膣内に常駐する対雑菌繁殖作用を持つ乳酸菌の一種です。

膣内に侵入しようとする悪い雑菌を防ぎ増殖を抑制する役割を持っています。

名前のとおり酸性であることから甘酸っぱいニオイがします。

ただし通常であれば、外部へ漏れ出すような強いニオイではありません。

やはり、上述した垢、おりもの、汗などが原因となって雑菌が繁殖してしまった場合に強いニオイとなって現れてしまうのです。

通常の石鹸洗浄による善玉菌の死滅

それであれば、石鹸などを使ってその垢、おりもの、汗を徹底して洗い流せば大丈夫と一生懸命にケアしておられるかたでも心配な点が1つあります。

通常の石鹸はアルカリ性でできており、まんこの酸性を中和してしまう作用があります。

これによりまんこは外部からの有害菌に備えるため酸性を保とうとして、おりものや酸性分泌物を多く出すことにつながります。

必然的にニオイを増長させてしまうことになってしまいます。

まんこがチーズ臭い時の対策方法は?

膣の洗浄を習慣にする

毎日の入浴時に膣の洗浄をすることを習慣にしましょう。

使用する石鹸は、普通の石鹸を使うのではなく、低刺激な女性器専用の石鹸やデオドラントクリームなどを使用して洗浄しましょう。

その際、いきなり石鹸などを当てるのではなく、まずはぬるま湯でまんこ全体を洗い、表面に溜まった汗や垢を洗い流しましょう。

次に、専用の石鹸などを手で泡立て、やさしくまんこをつつみましょう。

洗う際には、力を入れすぎないように注意しましょう。

小陰唇や大陰唇のヒダの部分にはニオイの原因となる雑菌が溜まりやすいので、入念にやさしく洗ってあげましょう。

ただし、洗う範囲は外まんこのみとし膣内にはあまり洗浄液がかからないようにしましょう。

これは膣内の善玉菌が死滅してしまう恐れがあるためで、自浄作用の低下を抑える目的があります。

どうしても臭いが気になる場合には膣内専用の洗剤を使用するという手もありますが、その際にも洗いすぎには注意しましょう。

アンダーヘアを除毛・脱毛する

アンダーヘアを除毛することで局部が蒸れにくくなり、尿やおりもの、汗など雑菌の繁殖のもととなる物質が残りにくくなります。

このとき、どうしても肌に負担がかかります。

まんこの皮膚は、非常に繊細ですので痛めて出血などしないように注意しましょう。

日常生活でも気をつけよう

入浴時の洗浄に加えて日常生活でもちょっとした気遣いでニオイの発生することを抑えることができます。

たとえば、排泄時に尿の拭き残しをしない、汗やおりものを付着したままにしない、難しい場合にはおりものシートやまんこ専用のデオドラントシートを使うな どしましょう。

普段の食生活を改善する

想像がつくかもしれませんが、油分やたんぱく質を多く含む脂っこい食べ物(揚げ物や肉、ラーメンやカレーなどこってりした食事)を好み、 頻繁に食べる人は体臭が強くなることが知られています。

まんこに集中するアポクリン汗線から、これら脂質成分が汗と混じって分泌されることからニオイもキツくなりがちです。

できるだけ、緑黄色野菜や果物、海藻類や山菜類を積極的に食べるように心がけましょう。

すぐに行うことが難しい場合には、お好きなメニューにお野菜をトッピングすることから始めてもよいでしょう。

キャベツの千切りを大量に乗せてお腹を満たしとんかつ(肉)の分量を減らすなど、少しの工夫でも効果が期待できます。

また、便秘も体臭に悪影響を及ぼします。

便は長時間に渡って腸内に滞留すると腸壁から便に含まれる有害物質が血液に混ざりだし悪臭の元凶が体中に広がってしまうのです。

まんことて例外ではありません。

これを防止するためには、キャベツなどに含まれる食物繊維、ヨーグルトなどが含有する乳酸菌、オリゴ糖を摂取することが肝要です。

好きな食べ物を我慢することもストレスになりうるので、ヨーグルトや市販の食物繊維を含む健康食品など、代替できるお気に入り食品をみつけるとよいでしょう。

生活習慣を改善しよう

睡眠不足も大敵です。体の免疫力や新陳代謝が弱り体内の老廃物が排泄しにくくなり悪臭を誘発します。

人にもよりますが1日7~9時間程度の睡眠時間をとれるように心がけましょう。 

運動不足もまたニオイの原因になります。

老廃物が体内に滞留しやすくなり、同じく新陳代謝が落ちます。

運動すると汗をかいてしまうものですが、休日など、たまには気にせず思い切り運動することでニオイの原因となる老廃物を汗と共に体外に排出し、溜まりにくいからだづくりをすることが重要です。

過剰なストレスもニオイの原因となります。

適度なストレスは能力を最大化することで良いものとして知られていますが、過剰すぎるストレスはホルモンバランスの乱れや免疫力の低下から自浄作用が低下してしまいます。

その結果、ニオイがキツくなってしまいがちなので注意が必要です。

いつでもストレス発散のできる趣味を持っておくと心強いでしょう。 
 

まとめ

まんこのニオイを軽減するためには、

  • 専用ソープを使用する
  • 正しい洗浄方法を毎日行う
  • 必要に応じてアンダーヘアを除毛・脱毛する
  • 普段の生活からまんこを清潔に保つよう心がける
  • 食生活を見直す
  • 睡眠時間、運動時間の確保、ストレスをためない

ことを意識するとよいでしょう。
 
最後になりますが、日ごろの習慣などではなく、膣や子宮に関する病気や性病による異臭の場合には医師による治療が何よりも大切になります。

上記の対策を行ってもなお、どうしても強いニオイにお悩みの方は専門の医療機関を受診されることをおすすめいたします。