まんこの臭いというのは様々なものが原因になっています。

生理やおり物といったものが主な原因ではありますが、臭いの原因の中には、女性のマン汁が原因になっているようなケースがあるのです。

特に成功をするような時に、マンコがぬれ始めたりしまうと臭いが急に出て来しまうようなこともあるようで。

そんな彼氏と大事なことをする時に臭いがきついなんて言うこととなると、とてもじゃないけど体を出すことをためらってしまうように思ってしまいますよね。

トラウマなんて抱くくらいショックなことを言われてしまったら、とても体をさらしたりなんてことはできなくなってしまいます。

臭いがきついのは本当に嫌なのではありますが、どうしてマン汁によって強烈なにおいが発生してしまうのでしょうか?

マン汁について基本的なことや、成分、臭いの原因などについて紹介したいと思います。

マン汁とは?

マン汁とは端的に言いますと女性のアソコから分泌される液体のことです。

その他の名称ですと、「ラブジュース」「愛液」「膣液」「膣分泌液」等と呼ばれるようなことおがあります。

一般的にはマン汁という言葉はなじみがないでしょうし、愛液とかの方がなじみがあると思います。

マン汁が分泌される要因としては、キスなどをして性的興奮をすることや、クリトリスや乳首等を愛撫され性的に気持ち良くなると分泌されます。

汁が出る理由としては、基本的にアルカリ成分である精子の生存率を上げたり、精子が子宮に到達しやすいようにして受精しやすくなるような状況を作ることが目的であったり、潤滑油のような役割によって、膣内でペニスなどが動きやすくするようにして、膣の摩擦を減らす役割というものがあります。

これが出なかったりすると妊娠しにくくなってしまったり、性交時に男性器がこすれる時に痛みを伴ってしまった、うまくいかないだけではなくそういった行為に対して
億劫になってしまう原因にもなりますので、分泌されることは重要な要素なのです。

また、性的な興奮を得なくても、通常の状態でも成分が分泌されるようなこともあります。

これは、膣内に細菌やウイルスが侵入してきた際に、それらを殺菌をする効果もあります。

通常はこちらが分泌されるものとなります。

マン汁には様々な効果があり、端的に性的興奮だけで出るような一般的なイメージとは違っているのです。

マン汁に含まれる成分は?

マン汁には、色々な役割があることを紹介しましたが、実は成分に関しても実に様々なものが含まれています。

基本的な成分は血漿です。血漿というのは、血液から白血球や赤血球、血小板などを取り除いた液体のことを指します。

血液に近い成分となっているわけです。

その他には水分や尿素、酢酸といったような成分が含まれていることが大半で、通常は膣へきから出てくるものに関しては今紹介した成分がほとんどです。

酸性成分であり、これがウイルスなどの侵入を防いでくれる役割を持っているものです。

膣口の左右に存在しているところにあるバリルトン腺から出るバリルトン腺液や、スキーン腺という女性が潮を吹くという現象の原因となっているスキーン腺液、子宮頸管から分泌されるとする基本的には性行為をするときに自然に出るものや、性的な興奮を得たりすることによって出てくるものとされる液体です。

これらの液体は、通常の物とは違ってアルカリ性のものであり、通常と感じる味も変わってきます。

マン汁そのものの成分はこういったものですが、臭いの原因となるものは基本的には体質や食生活などが基本的にかかわってきます。

例えば、ワキガを持っているような場合だったりしますと、マン汁事態も匂いがきついケースもあります。

マン汁には汗も含まれており、汗の成分の中にマン汁のすごくきつい成分が含まれていたりしますので、臭いがきつかったりします。

わきがが強くなる原因と一緒で、ストレスが日常的にたまっているようなことや、食事が肉食系に偏っていたり、運動習慣がなく汗をかかないようなことが多かったりしますと同じようにマン汁も匂いがきつくなります。

マン汁があまり出ていないようなケース、逆に洗いすぎて清潔にしているような場合ですと、かえって殺菌成分がなくて雑菌が増えてしまうようなことがあり、臭いが出ることもあるようです。

その他には、マン汁の臭いというよりは、生理の臭いがきつかったり、マン毛の処理が雑で雑菌がたまりやすいケースもありますのでマン汁の臭いでは?と勘違いされるケースもあるようです。

基本的に、成分に関しては日ごろの生活習慣や食事、ストレスの状況、性的興奮の有無といったものが関わってきますので、その時々の状況によって、成分や粘度、においの原因というのは変わってきます。マン汁そのものは酸っぱい臭いがするようなこともありますが、汁が最初からものすごく臭くなる原因というわけではないです。

マン汁が白く濁る時の原因は?

臭いについて幾分書かせてもらいましたが、マン汁が白く濁るようなこともあると思います。

白く濁るということは何らかの病気だったり、臭いがきつくなったりするような原因になっているのでは?と思う方もいるかもしれません。

ですが、基本的には白く濁ったとしてもそれ自体は問題がないケースも多くあります。

例えば、男性器が挿入されているようなケースですと、膣液と空気が混ざり合うようなことがあります。

それによって泡が発生するようなことがあり、それによって白く見えるようなことがあります。

性交中ですとねばねばした粘液と混じった状態で出てくるものでありますし、性交が終わった後あたりですとさらっとした感じで出てきます。

こういった場合ですと基本的には問題ありません。

ですが、状況によっては病気であるケースもあります。マン汁に交じって、おりものが混じっているときがあります。

おりものの状況としては、酒粕状、クリーム状、チーズ状、豆腐のカスのようにぼろぼろとしているものです。

このようなおりものが混じっているような時には、カンジダ腟炎、頚管炎などが疑われます。

カンジダ腟炎の場合には、腟内部や外まんこにかゆみを伴うことがあります。

マン汁が白いだけではなく、かゆみがあったりするような場合には、おりものの量が増えたり、発熱や下腹部痛を伴う場合もあったりするときには、子宮や卵管の炎症の疑いもあります。

性病関連の場合には、通常の臭いとはかなり違っていて強烈なにおいも発生させたりしますので、臭いの段階で気が付くケースもありますので普段とは違った症状があった場合には、ちょっと確認してみるといいでしょう。

性病が疑わしいと思った場合には、基本的に自力ではなんとか病気を治すことはできませんので、専門医に相談をしてしっかりと直すことを心がけましょう。

マン汁が臭うのは大半は病気よりも個人の体質や習慣に違いがある

マン汁にはいろいろな役割がありますし、臭いに関してももともといくらかにおう原因はあるでしょうが、臭いが強いか弱いかの原因に関しては基本的に衛生面の確保や生活習慣を整えることによって変わってきます。

性病といった病気などによって変わることもありますが、通常は気を配っていれば問題はないでしょう。

どうしても臭いが気になるような場合は、医療用の洗浄薬を利用することによって、臭いのケアをしてることをお勧めします。