女性の方であれば誰しも悩むことが「まんこの臭い」です。

特に女性の場合は、生理などがあり、まんこの臭いに対して非常に敏感なことでしょう。

しかし、誰かに相談するにはあまりに繊細な問題で一人で悩みを抱えられている方も多くいらっしゃいます。

そこで今回は女性の陰部の臭いについてご紹介します。

まずは正常な状態を知る

まずは正常な状態を知りましょう。

正常な状態を知っていれば、それを基準に自身の臭いが異常なものなのかどうかを知ることが出来ます。

おりものについて

膣や子宮頚部からの分泌物であったり、子宮や膣からはがれた古い細胞などを指します。

通常の状態であれば、透明からやや白っぽい色になっており、下着に付着したものなどが時間経過で少し黄色くなります。

少し粘り気があり、臭いは酸っぱいものになっています。

おりものはホルモンバランスの影響を受けるために、生理の状態などで性質が変わります。

排卵前には精子を捕まえるために、通常より粘り気が増し、量も増えます。

そして、臭いも強くなります。

ホルモンバランスが関与するおりものですが、ホルモンバランスが著しく崩れる出産前後ではあまり変化がなく、大きな変化が現れるのは更年期になってからと言われています。

このため、おりものの量や臭いに関しては個人差があるものとなっていますが、明らかにいつもと違う臭いを感じた場合には早急に産婦人科で相談されることをおすすめします。

陰部が生臭い原因は?

まんこの臭いの原因となるものは「おりもの」であることが多くあります。

通常の健康な状態であれば、おりものは少し酸っぱいような臭いがします。

これが生理時、または性病であった場合には魚のような生臭い臭いへと変わります。

生理時であれば異常性はありませんが、それ以外の時に生臭い臭いを感じた場合は性病の可能性を疑って下さい。

陰部が生臭い時に疑われる性病には以下のようなものがあります。

  • 細菌性膣炎
  • カンジダ膣炎
  • 淋病
  • 膣トリコモナス症
  • クラミジア感染症
  • マイコプラズマ

こうした性病に罹患している場合は臭い以外にもおりものの状態で判断することが出来ます。

生理が終わり、一週間ほど経過しているのにも関わらず、おりものの色が茶色であったりする場合には性病の可能性が高くなります。

ホルモンバランスの影響もありますので、月経不順と言う可能性もありますが、まずはお近くの産婦人科でご相談下さい。

陰部が生臭い時の対策方法は?

生理の時に陰部が生臭い時の対策方法をご紹介します。

生理前から用意

生理が始まる前におりものシートを用意しておきましょう。

生理が始まる前からおりものの分泌は始まっており、おりものシートを使うことにより下着におりものが付着することを防ぎます。

仮に下着におりものが付着したままの状態でいると、空気と触れることで酸化し、嫌な臭いを発してしまう可能性があります。

また、下着を汚してしまうとまんこが清潔な状態を維持出来ません。

そのため性病の原因となってしまうこともありますので、生理が始まる前からおりものは分泌されていると言うことを知って下さい。

おりものの他にも女性の生理前には汗や皮脂などの分泌物が増える傾向にあります。

これらも同じくしておりものシートでカバーすることが出来ますので、生理が始まる前からおりものシートを使うように心掛けてみて下さい。

日々のケア

臭い対策で一番大事なことが日々のケアです。

特に体を洗うボディソープは弱酸性となっていますが、女性のまんこはアルカリ性となっています。

そのため弱酸性のボディソープでまんこまで洗ってしまうと、酸性とアルカリ性が中和されてしまいますので、人間本来の浄化作用が阻害されてしまう場合があります。

臭いの大半は雑菌が繁殖することで起こりますので、浄化作用が阻害されることで雑菌が増え、臭いの原因となってしまいます。

これを防ぐためには通常のボディソープではなく、まんこ専用の石鹸を使う必要があります。

まんこ専用の石鹸は、女性のまんこと同じくアルカリ性で出来ていますので、こうした酸性とアルカリ性の中和を防ぐことが出来ます。

そしてもう一つケアしたいことが「陰毛」についてです。

普段からお手入れをされている方もいらっしゃいますが、見えない部分と言うことでお手入れをあまりしないと言う方も多く見られます。

ですが、見た目以上にまんこの清潔を保つためにも陰毛のお手入れは必要なものとなってきます。

女性の場合、尿道と陰毛が近い場所に位置しているため、陰毛に尿やおりものと言った汚物が付着したままになると言うケースがあります。

これが乾くと嫌な臭いを発する原因となり、必要以上に臭いのことを気にしなくてはならなくなります。

陰毛を全部剃る、いわゆるパイパンにすれば良いと思われるかも知れませんが、日本ではまだ認知度が低く、お風呂などで見られた場合に奇異の目で見られてしまうかも知れません。

海外では浸透しているパイパンですが、まだまだ日本で行うには勇気を必要とする行為です。

ですが、全部剃るとまではいかなくとも、ある程度邪魔にならないように、まんこを清潔に保つためにお手入れすることは必要となります。

生理が始まったら

生理が始まったら一番ケアしなくてはならないことが「蒸れ」です。

経血やナプキンを装着することによる蒸れは雑菌を繁殖させてしまう原因となります。

雑菌が繁殖してしまうと臭いの原因となりますので、蒸れ対策はしっかりと行わなければなりません。

小まめにナプキンを変えることで簡単に蒸れを防ぐことは出来ますし、何よりもまんこを清潔に保つことが出来ます。

また、陰毛に付着した経血はトイレットペーパーではなかなか除去することが出来ません。

そのため経血をしっかりと除去するためには、まんこ専用のウェットティッシュなどを使うようにしましょう。

生理の終わり際

生理の終わり際になると経血の量が減りますので、ナプキンの取替えを怠りがちになります。

しかし、経血の量が減ってもおりものなどの分泌物は出続けています。

長時間同じナプキンを使ってしまうと、雑菌が繁殖してしまいます。

油断しがちな時期ですが、ナプキンやおりものシートなどを小まめに取り替えることを忘れないようにしましょう。

以上が生理の時に陰部が生臭い時の対策方法となりますが、生理と時以外に生臭いなどの臭いを感じた場合は性病の可能性がありますので、早急に産婦人科で相談するようにして下さい。

臭いは生活環境によって変わる

臭いは生活環境によっても変わります。

これは体臭だけではなく、まんこの臭いにも共通して言えることとなります。

過度のストレスを感じていたり、食生活が乱れていたりと言うことが原因で「生臭い」と言うことが起こる可能性もあります。

健全な体は健全な心からと言う言葉がありますので、日々忙しい毎日を送り時間が作れないとは思いますが、自分なりのストレス発散方法を探すことが大事になります。
そして食生活です。

野菜の摂取が極端に少なくなると、体臭が強くなると言われています。

また、食生活が原因で起こる便秘も長期間に渡り続くと体臭の原因となってしまいます。

なかなか意識して食生活を変えることは難しいことですが、体臭を気にしなくて良いと言うことはストレスレスな生活にも繋がりますので、少しずつ意識してみては如何でしょうか。

まとめ

このように女性は生理周期によって臭いが発生するものです。

周りに臭いが漏れていたらどうしようと不安に思う気持ちは分かりますが、過度に気にしすぎてそのことがストレスとなってしまっては元も子もありません。

出来る範囲のことで臭い対策をし、臭いと向き合っていくことが大事です。

また、あまりに臭いが気になる場合や生理でもないのに生臭いと思うことがあれば、迷わず産婦人科でご相談下さい。

仮に性病であった場合は、早期発見早期治療が肝要となります。

誰にも聞くことの出来ないまんこの臭いですが、このことをご参考に健やかな毎日が送れることを祈っています。